ニュース・プレスリリース

平成20年11月18日
株式会社ライフメディア

ライフメディア、Webサイトの利用者像を把握するマーケティング支援サービス
「ペルソナ・アイ」を開始

personaiロゴ

株式会社ライフメディア(代表取締役社長 鎌倉 章 東京都港区 以下、ライフメディア)は、このほど、Webサイト利用者の人物像を把握することができるサービス、『ペルソナ・アイ』の提供を開始しました。

『ペルソナ・アイ』は、Webサイトの利用者像を明確にすることに特化した、ペルソナ型の定量・定性調査から分析までのパッケージです。Webサイト利用者のデモグラフィック属性、利用者のインサイト、ライフスタイル、行動・購買特性、サイトとの関わり・利用状況、サイトへの要望・不満点などをiMiネット46万人のアンケートモニターを利用し、調査、分析を実施します。

『ペルソナ・アイ』を活用することにより、Webサイトの管理者は、「顧客の視点に立った、サイト上でのサービス改善」、「Webサイトのユーザビリティの向上」などの効果を期待できます。

『ペルソナ・アイ』の特長

1.手間がかからずスピードが早い。
ヒアリングから納品まで最短3週間で提供が可能です。調査設計、実施、分析結果の作成、ペルソナシートの作成、定量・定性調査のまとめまで一括で行なうので手間がかかりません。
クラスター分析等をまとめた「調査分析結果一覧」、利用者のインサイトがつまった「インタビューシート」、代表的な利用者を人物像にまとめた「ペルソナシート」がセットになった基本パッケージで、95万円からご提供します。

2.Webサイトの利用に特化。
調査内容をWebサイトの利用に特化しています。サイトのヘビーユーザーから、たまに利用するユーザー、競合サイトの利用者といった幅広い調査対象を設定し、iMiネットのアンケートモニターから通常200人以上を探し出します。訪問頻度、サイトで実現したいこと、競合サイトの利用状況など、Webサイトユーザーならではの利用実態が把握できます。


企業内Webサイト担当者は、ターゲットである自社のWebサイト利用者のライフスタイルや関心事、またサイトへの要望・意見を知ることにより、Webサイトのリニューアル、サービス・コンテンツの改善、新規Webサイト構築などの際に、より顧客志向に立つことが可能になります。さらに、ペルソナシートを活用することにより、プロジェクトチームの協調性の増加などのメリットが得られます。

また、広告代理店、Web制作会社においては、クライアントへの広告提案、クリエイティブ制作の場面において、より顧客視点を持ったアプローチが可能となります。

企業Webサイトのビジネス活動の成否は、サイトを訪れる利用者の視点でサイトを設計できるかどうかにあります。ターゲットとする利用者を明確にすること、そして、その特性やインサイトを確実に理解することが、Webサイトの構築、リニューアル、プロモーション戦略において重要とされています。

ライフメディアは、『ペルソナ・アイ』を通して、多くのWebサイトが利用者にとって使いやすいものとなり、その結果、各企業のWebサイトも成功が容易になることを一つのゴールと考えています。リリース後1年間で、100件の提供を見込んでいます。

12月上旬には、ライフメディアのペルソナ・アイの概要と導入事例をご説明するセミナーを開催予定です。詳細はこちらをご覧ください。 http://www.lifemedia.co.jp/news/event/semi081204.html


※iMiネットについて
1996年に世界で初めて開始されたワントゥワンの対話型マーケティング・コミュニケーション・サービスです。
ロイヤルティが高く多様な属性をカバーする約46万人(2008年11月現在)のアクティブ・メンバーに対して属性絞り込み配信やWebアンケートによるレスポンス回収を行うことで、高度なリサーチ、洗練された対話型プロモーション、効果的な広告など幅広いマーケティング・ニーズに応えることができます。


『ペルソナ・アイ』サービスに関するお問い合わせ

株式会社ライフメディア
pr@lifemedia.co.jp



関連URL


ペルソナ・アイ

iMiネット

以上

本件に関するお問い合わせ

株式会社ライフメディア
http://www.lifemedia.co.jp
pr@lifemedia.co.jp

一覧へ戻る