ニュース・プレスリリース

平成15年2月25日
株式会社ライフメディア

iMiネットが年代別の内閣・政党支持率等を毎週発表-ライフメディアの新サービス「政治oPiM!On(オぴみオン)」-

 株式会社ライフメディア(代表取締役社長 鎌倉 章 東京都世田谷区)は,iMiネットのメンバーを対象に年齢階層別の内閣・政党支持率・投票意向等を調査し公表するサービス「政治oPiM!On(オぴみオン)」を開始しました。結果は「iMi声活エンジン」のサイト( http://imi.ne.jp/abc/ )で無料閲覧できます。当面2週間に一度、4月からは毎週調査を行い発表します。

 「政治oPiM!On」の数値と既存メディアが発表する世論調査の数値との差異は、いわゆる「デジタルデバイド」に起因すると考えられます。今後のネットワークの大衆的普及の進行とともに両者の数値はひとつに収斂して行くと予想され、従って、この差異自体がネットワーク社会の成熟度の指標になると期待されます。

 調査項目は政党支持率、内閣支持率、投票意向、主要政治討論TV番組の好感度です。それぞれについて「支持」~「不支持」、「(投票に)必ず行く」~「全く行く気がない」、「好き」~「きらい」などの5段階評価をしています。

 第1回目の調査では有効回答数が15~19歳=1026、20~29歳=1174、30~39歳=1087、40~49歳=1215、50歳~=1300となっており、内閣・政党支持率調査の速報としては日本最大級のスケールとなっています。

2月17日~20日に実施した第1回目の調査結果の概要は以下のとおりです:
支持率※1
15~19歳
20~29歳
30~39歳
40歳~49歳
50歳以上※2
小泉内閣
34%
39%
35%
35%
35%
自民党
24%
22%
21%
27%
32%
民主党
26%
24%
22%
26%
39%


投票に行く※3
15~19歳
20~29歳
30~39歳
40歳~49歳
50歳以上
次の国政選挙
57%
62%
71%
79%
87%


番組が好き※4
15~19歳
20~29歳
30~39歳
40歳~49歳
50歳以上
NHK日曜討論
17%
16%
18%
23%
45%
テレ朝サンプロ
31%
44%
54%
59%
64%


※1.「支持」と「やや支持」の合計。支持政党を択一するわけではないので7政党の合計は100%を超える。
※2.内訳は50代が75%、60代が25%であり70歳以上は極めて少数。
※3.「必ず行く」と「たぶん行く」の合計。
※4.「好き」と「やや好き」の合計。

一般に、現在のインターネット人口は、年齢分布が比較的若い世代に集中しているだけでなく、地域的にも都市部に集中しているため、ネット利用者の中から単純なランダム抽出を行うと全国的世論調査としては大きな誤差を避けることができません。

この偏りを極力是正するために「政治oPiM!On」では、15~19歳、20~29歳、30~39歳、40~49歳、50歳以上の年齢階層ごとの調査としています。そして各年齢階層から1,000以上のサンプルを抽出するにあたり、その内訳が都道府県の男女別実人口に比例するようにしています。今回の調査では都道府県分布一致率99.6%(15歳以上の実人口の分布とoPiM!On回答者分布との相関係数)を達成しています。 集計にあたっても、あくまでも年齢階層ごとの全国状況を推論するという立場をとっています。

なお、選挙権を持たない15~19歳の層については仮定の話として投票意向などを質問しています。この層はインターネットを身近なメディアとして成人して行く世代であり、その政治意識を捉える意義があると判断し、あえて調査対象に加えたものです。

【内容】
(1)名称: iMiネット「政治oPiM!On」(オぴみオン)
(2)サービス概要: 内閣・政党支持率調査結果の一般公表
(3)提供開始日: 2003年2月25日(火)
(4)価格: iMi声活エンジンhttp://imi.ne.jp/abc/で無料閲覧
(5)調査対象: iMiメンバーの中から、15~19歳、20~29歳、30~39歳、40~49歳、50歳以上の年齢階層ごとに無作為に都道府県・男女別に実人口比例抽出しアンケート依頼し指定のWebで回答
(6)設問:  
Q1 各政党について「支持・やや支持・どちらでもない・やや不支持・不支持」の5段階評価(政党は五十音順に公明党、社会民主党、自由党、自由民主党、日本共産党、保守新党、民主党)
Q2 小泉内閣について「支持・やや支持・どちらでもない・やや不支持・不支持」の5段階評価
Q3 この次の日曜日に国政選挙がある場合、投票に「必ず行く・たぶん行く・わからない・たぶん行かない・全く行く気がない」の5段階評価
Q4 政治討論番組について、「好き・やや好き・どちらでもない・やや嫌い・嫌い」の5段階評価 (番組は週末放送日順に、日テレ・ウェークアップ、NHK・日曜討論、テレ朝・サンデープロジェクト、フジ・報道2001、テレ朝・たけしのTVタックル)
(7)調査主体: 株式会社ライフメディア

【iMi声活エンジンとは】
2001年9月にスタートした「iMi声活エンジン」は,「生活者のほめ言葉が企業を元気にする」という基本コンセプトのもとに,生活者やマーケターが関心を寄せるさまざまなトピックについてiMiネット会員に電子メールによるアンケートを行い,返信されて来た自由記入の回答文をそのままホームページに大量に掲載し,匿名の投稿者の基本属性(年齢,性別,居住地,職業)とともに閲覧・検索可能にしたものです。

2003年2月現在、おすすめメッセージ「ほめコミ声活」には約15万件、ヒットの予感情報「ヒットサット」には約5万件のメッセージが登録されています。iMi声活エンジンは誰でも無料で閲覧できます。

以上

本件に関するお問い合わせ

株式会社ライフメディア
http://www.lifemedia.co.jp
pr@lifemedia.co.jp

一覧へ戻る